オンライン英会話

『元英語赤点が教える』オンライン英会話でフリートークが絶対必須な訳

2020年12月8日

英語学習者
英語学習者
オンライン英会話のフリートークって効果あるのかな?出来ればスピーキングだけでなく全体的な英語力を上げたいです。

 

今回はこんな疑問にお答えします。

オンライン英会話のレッスンの1つにあるフリートーク。

その名の通り好きな事を英語で話したり、あるテーマに沿った会話でスピーキング力を磨くレッスンです。

そんなフリートークですが、オンライン英会話でいきなり選択する人も少ないと思うので、今回はオンライン英会話のフリートークの全体像について見ていきたいと思います。

 

本記事の信頼性

英語赤点から始まり、現在では英語を使って仕事をするまでになりました。
英語歴は10年弱。

本記事の内容

・フリートークで身につく力

・フリートークが向いている人

・フリートークで英語力はアップする?

 

フリートークで身につく力

オンライン英会話によっては『フリートーク』という名前でない事もありますが、やる内容は基本的に同じです。

 

教材にビッチリ沿ったレッスンとは違い、自分の意見や考えを英語で発言するのがフリートークの主なレッスンとなります。

特徴としては教材に載ってるテーマを中心に話していくという流れです。

 

内容は非常に様々で『暇な時は何してる?』のような簡単なものから『ニュースを読んでどう思うか?』などの発展的なレッスンもあります。

そんなフリートークで身につくのは実践的な会話力です。

 

実は私がレッスンの中で1番力がついたと感じたのはこのフリートークでした。

フリートークは他のレッスンとは違い結構悩みます。

『何を言おうか?どんな表現を使えば良いのか?』など始めはなかなかパッと英語が出てきません。

 

フレーズを習ってそれを使ったり、ちょっとした短い返答で済んでしまうレッスンもある中、フリートークはより実践的な会話力がつきます。

 

そして会話力をつけるのに一番良いのは、悩む事です。

例えば、意見を聞かれて意見はあるのに、英語では言えないというのはフリートークではよくあります。

 

私も初めは悩みながら意味不明でメチャクチャな英語を話していましたが、それがあったからこそ英語が上達しました。

話し終えると全然話せなかった事にガックリしますが、よく考えてみると言い悩んでいた表現は意外に簡単だったり、全く知らない表現だけど便利だから覚えておこうという気になります。

このように悩みつつもレッスンを終え、自分でレッスンの振り返りをすると言える事がどんどん増えていきます。

私はこの流れを繰り返すことで上達しました。

 

また英会話のレッスンを受けている人は出来るだけフリートークのレッスンも受けるべきです。

理由はレッスンではないリアル会話で困る事ことが少なくなるからです。

通常レッスンも英会話の基礎を身につける上では大切。でもそれだけでは悩んで上達する事が少なくなります。

 

その状態でレッスン以外で誰かと会話をしてもなかなか話せません。

私も英会話の基礎レッスンを受けて、もう力はついただろうと思い外国人相手に話してみましたが全然話せませんでした。

つまりこの時の私は圧倒的に英会話で悩む経験が少なかったので、いざとなった時に何を言って良いのか分かりませんでした。

 

レッスンでは講師が助けてくれるので、フリートークで悩んでおくのは一番実践的な練習になります。

 

 

フリートークが向いている人

最終的には誰もがフリートークをやってみるべきですが、フリートークが向いている人とそうでない人がいます。

フリートークが向いているのは英語レベルがある程度ある人です。

全くの初心者だとまだ言える事が少ないので、自分の意見を言ったりディスカッションするには少しハードルが高いです。

 

まずは基礎コースから始め、その後フリートークで磨くのがスムーズな流れです。

 

 

フリートークで英語力はアップする?

もう1つ気になるのがフリートークで果たしてスピーキング以外の英語力も上がるのか?という事だと思います。

結論、私は上がりました。

特に効果的だったのがリスニングです。

 

英語が話せなかった時の私はリスニングテストを受けてもほとんどフィーリングという名の勘でしたが、フリートークを中心としたスピーキング練習で英語を話せるようになってくると、それと連動するようにリスニングも上達しました。

英語が話せるようになるとリスニングが上達するのは、英語のリズムや発音が身についてくるからです。

 

リスニングで聞き取れないのは、英語のリズムや発音が良く分かっていないのが原因の1つ。

例えば、英語を日本語のリズムと同じように考えていると、なかなか正確に聞き取ることができません。

日本語に聞こえる洋画のセリフなども日本語のリズムで捉えているのでそのように聞こえます。

 

一方、英語を英語のリズムで話せるようになってくると、自分がいつも話すのと同じように聞こえるので聞き取りやすくなります。

相手に伝わるように話すには、ちゃんとしたリズムと音でないとスムーズに伝わりません。

伝わるように話していれば、リスニング力も強化されるので一石二鳥です。

 

フリートークも備えたおすすめのオンライン英会話についてはこちらの記事をご覧ください。

 

  • この記事を書いた人

アメコミ映画チャンネル

英語を使って仕事をする26歳。 普段は貿易会社で海外との仕事をしながらYouTubeを活動をしたり、ブログを書いてます。 英語赤点 → TOEIC785 → 洋画やアメコミを英語で理解 → 英語を使い仕事

-オンライン英会話

© 2024 英語で人生をイージーにするブログ Powered by AFFINGER5