ちょっと一息

日本人特有の英語コンプレックスの正体と根本的な解決法!

2020年6月11日




こんにちは!amekomiです。

誰しもが1度くらいは『英語が話せたらいいのに』と思ったことはあるのではないでしょうか?

しかしそうは思っても、日本にいるとなかなか英語を使う必要もチャンスもありませんよね。

そのためか学校で6年間も英語を習っても簡単なことも話せない人が多く、英語コンプレックスを抱いている人もいると思います。

そこで今回は英語コンプレックスの正体や解消法、英語を話せるようになるためのトレーニング法について見ていきます。

英語コンプレックスの正体

英語コンプレックスの正体は、自意識過剰と完璧主義にあると言えます。

そもそもコンプレックスとは英語のInferiority complex、つまり劣等感のことで英語が上手く理解できなかったり話せないなど、英語に対して引け目を感じる事です。

たとえば、外国人との会話の時に上手く話そうと思っていたり、文法的に間違いのない正しい英語を話そうとすると余計に何も話せなくなってしまいます。

これは私も経験済みですが、いざ話すとなるとなかなか英語は出てきませんし、黙り込んでしまう事もありました。

今振り返ってみれば分かりますが、何も言わないというのは1番NGです。

英語の場合、何も言わない=何も意見がないという事なのでとにかく何か言うという事も必要です。

しかし『そうは言っても英語話せないよ』という人は完璧な英語を目指しているからかもしれません。

完璧な英語とは文法的に正しい英語で、日本の学校では英語と言えばひたすら文法しかやらないのでそう考えがちになってしまいます。

英語の授業で『これはダメあれは間違い』と習う事で、間違い=ダメな事と刷り込まれます。

完璧な文法で話そうとして結局何も話せないというのでは本末転倒です。

そもそも私たちは母語でさえ完璧な文法で話す人などいません。

たとえば、ら抜き言葉、い抜き言葉のような言い方は文法的に間違いです。

今日は早く来れた!
やば!キモ!
なども文法的には間違いなのです

このように上手く話そうとする事や、完璧に話そうとする事が英語コンプレックスの原因とも言えるでしょう。

英語をカッコいいと思う日本人

もし英語なんかどうでも良いと思っていたら劣等感を感じることはありませんよね。

つまり英語コンプレックスは『英語できない、でも英語は使いたい』という気持ちが前提となります。

ではなぜ出来ない英語をわざわざ使いたい思うのかと言えば、英語=カッコいいと思われているからではないでしょうか。

たとえばその代表的なものにカタカナ語があります。

日本語で言えば良いところをなぜかカタカナ英語を使う事もよく見られます。それが有効的な使われ方なら良いのですが、実際にはそうではありません。

新型コロナウイルスのニュースで飛び交うのは、パンデミック、ロックダウン、オーバーシュートなど聞いたこともないような言葉ばかりです。

何かの技の名前ですか?
とさえ思ってしまいます笑

日本語で世界的大流行、都市封鎖、爆発的患者増加と言えば良いのですがそうはしません。

また会社や店の名前もそうです。

日本にある会社名・お店の名前を見れば分かりますが、ほとんどがカタカナです。

このように日本人がカタカナ語や英語をカッコいいものと思っているからこそ、英語コンプレックスをより強いものにしている事が考えられます。

しかし英語=カッコいいは日本特有のものと言えます。

そもそも世界的に見れば、日本語を話す人よりも英語を話す人の方が圧倒的に多数なのです。

たとえば英語を第二外国語や公用語として使っている国は、仕事などで使わざるを得ないから使っているわけで、日本のように英語がカッコいいなど思っていません。

英語が公用語の国では生きるために必要なのです

また英語は使えるようになり慣れてくると分かりますが、結局はただの言葉に過ぎません。

つまり英語=カッコいいは英語を話せない日本人が勝手に思い込んでいるだけと言えるでしょう。




英語コンプレックスの解消法

こんな英語コンプレックスの解消法は、英語学習を欠かさない事はもちろん、完璧主義を捨てる事と、間違いなど大して誰も気にしていないと気づく事です。

完璧主義を捨てることについては先ほども書いた通り、文法を気にして話せないくらいならまずは単語を並べるだけも良いという事です。

英語では日本語のように察するということはないので、何かしら反応を示さないといけません。

そのためYes/Noだけでも単語一個だけでもまずは何か言う必要があります。

もう一つ大切なのが、間違いは大して誰も気にしないという事です。

文法的に間違った文を使うのは、恥ずかしいと思うかもしれませんが、聞いている方からすると全然気にしていません。

なぜなら少し変な言い方だったとしても、意味を汲み取る事は十分に出来るからです。

たとえばカタコトの日本語を話す外国人と話して多少変な日本語があっても大して気にも留めないでしょう。

同じようにカタコト英語を話していても、大して人は気にしていないと気づく事が大切です。

私もまだ会話に慣れていない頃は、文法的にめちゃくちゃな文を話していましたが、何だかんだ相手は言いたい事を読み取ってくれました。

他人は人が言った言葉をいちいち覚えていませんし、気にしていないと気づく事で英語コンプレックスは消えていくでしょう。

もちろんメンタル面だけでなく、英語学習もカギとなるのでその方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

英語ペラペラになる学習法

英語をペラペラにするには2つのステップがあります。

ポイント

1.文法・単語などの理解
2.トレーニング

文法・単語をすでに理解してるよ!と言う人は、やる事はトレーニングだけです。

まだ文法・単語に不安を感じるようなら、1の理解から始めてみましょう。

理解できているかどうかの分かりやすい判断基準は『子供にも分かるように説明できるか?』です。

なぜなら本当に分かっていないと人に説明する事はできないためです。

ここでポイントとなるのが子供にも分かるようにという事で、他人の言葉を借りたような説明ではダメという事です。

本当に理解しているものなら、噛み砕いて子供に分かるように説明できるはずなので、それができないなら本当はまだ理解していない事になります。

分かりやすく説明できる自信がない!という人はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

理解ができたら後はひたすらトレーニングです。

英会話のためのトレーニングは相手がいないと無理だと思われがちですが、1人でも出来ることはあります。

それが『音読』と『独り言』です。

正しい音読のやり方については上の記事でも詳しく書いているので、参考にしてみてください。

『独り言』と聞くと多くの人は何のことだかよく分からないかもしれませんが、文字通り英語で独り言をブツブツつぶやくトレーニングです

そんなトレーニング意味あるの?

と思うかもしれませんが、これがかなり効果があるんです!

このトレーニングの目的はスラスラ英語を喋れるようになるためのものです。

いきなり会話と言ってもほとんどの人が言葉に詰まってしまったり、黙り込んでしまいがちです。

なぜこうなるのかと言えば、圧倒的に話す機会が少ないからです。

しかし実際に相手と対面して話す機会を作るのはそう簡単ではありません。

すると話す事が減ってしまいますよね。

これではなかなか会話力はつかないので、相手がいなくてもできる英語での独り言は効果抜群なのです。

独り言のやり方は何でも良いので、ちょっとした事を簡単な英語で言ってみる事です。

ポイントは簡単な英語を使うと言う事で、周りを見回して『今日は暑い』でも良いですし『早く寝たい』など何でもOKなので、ポンポン出てくるようにしましょう。

またこのトレーニングは特に誰かが聞いているわけでもないので、英語を話すのが恥ずかしいなどと思っている人はそれを軽減できます。

会話力は慣れやトレーニング量に比例するので、コツコツやっていきましょう!

会話力は慣れやトレーニング量に比例するので、コツコツやっていきましょう!

独り言トレーニングについてはこちらの記事でも書いているので参考にしてみてください。

 

 

しかしこの音読や独り言も万能ではありません。

なぜならこれらのトレーニングは1人で完結するもので、相手がいないからです。

会話は言葉のキャッチボールとも言われるように、一方的に話していれば良いと言うわけではありませんよね。

つまり相手の言う事を理解した上で、適切な返答をする必要があります。

しかも相手の言うことは予測不可能なため、実際の会話の方が難しくなります。

そこでおすすめなのがオンライン英会話です。

たとえば、レアジョブは日本で一番大きなオンライン英会話サイトで企業研修としても取り入れられている実績あるサービスです。

また今なら2回の授業が無料となっています。



こういった実際に話す機会を作ると、自分がどれほど話せるのかという現状を知ることができてたり、自分が得意な会話のジャンル・苦手なジャンルなども分かります。

どうしても独り言トレーニングでは、自分が興味のあることしか話さないため、それ以外のトピックにはなかなか目がいきません。

しかし実際に相手と話す事により、新たな発見がある事は間違いありません。

英会話のトレーニングはスポーツと似ており、オンライン英会話は週に数回ある練習試合で、音読や独り言は週のほとんどを占める練習となります。

そのため練習だけしていてもダメですし、試合だけしていればいいという訳ではないのです。

そこでオンライン英会話のような実践と音読や独り言のような1人学習の割合としては3:7くらいが良いです。

なぜなら会話でも大切なのは復習だからです。

オンライン英会話で言えなかった、なんて言ったらいいか分からなかったという表現が出てきたら、表現を調べて独り言で新しい表現を定着させるという流れが理想的です。

実際の会話では新しく習った表現を必ず使えるとは限らないため、まずは新しく知った単語や表現があれば独り言で定着させるのが一番なのです。

両方試していきましょう!

まとめ

英語コンプレックスの正体は自意識過剰と完璧主義にあると言える。

英語コンプレックスが生まれる原因の一つとして、英語をカッコいいと思う事にもある。

英語コンプレックス解消には英語学習を欠かさない事はもちろん、完璧主義を捨て、間違いなど誰も気にしていないと気づく事。

英語をペラペラにするためには『文法・単語などの理解』『音読・独り言のトレーニング』の2つが大切。

オンライン英会話はスポーツでいう練習試合、音読や独り言は日々の練習でどちらも大切。

 





  • この記事を書いた人

アメコミ映画チャンネル

英語を使って仕事をする26歳。 普段は貿易会社で海外との仕事をしながらYouTubeを活動をしたり、ブログを書いてます。 英語赤点 → TOEIC785 → 洋画やアメコミを英語で理解 → 英語を使い仕事

-ちょっと一息

© 2024 英語で人生をイージーにするブログ Powered by AFFINGER5